COLUMN

2021.01.17

3view

甘すぎないのがイイ♡大人もいける立体リボンネイル

3view

甘すぎないのがイイ♡大人もいける立体リボンネイル

3Dアートの技法を使ってリボンモチーフをアートする、立体リボンネイル。今回は、甘い印象になりすぎず、大人女子もチャレンジしやすい立体リボンネイルデザインに注目してみました。イベントも多いこれからのシーズン、普段はシンプルネイル派のあなたも、たまにはこういった形で個性的なデザインを楽しんでみませんか?

ベースカラーと立体リボンの色を統一して

STUNNING NAIL

STUNNING NAIL

女の子が大好きな、リボンモチーフ。ただ、ネイルに立体的なリボンをアートすると、デザインによっては少し子供っぽくなってしまうこともありますよね。

そこでご紹介したいのが、ベースカラーと立体リボンの色を統一したデザインです。

ベースカラーに使ったものと同じ色でリボンモチーフをアートすれば、リボンが悪目立ちせず、上品でありながらも大人可愛い、素敵な立体リボンネイルを楽しめるでしょう。立体リボンネイルはそれ自体かなり主張が強いので、シンプルに仕上げたい場合は爪1本だけにアートして、残り4本の爪はシンプルなデザインにすることをおすすめします。

ブラウン系カラーで落ち着いた雰囲気に仕上げたり、ライトパープルで大人可愛く仕上げたり。あなたなら、どんなカラーを使ってアートしますか?
STUNNING NAIL

STUNNING NAIL

柄をアートした立体リボンネイルも素敵♡

simdysweel

simdysweel

立体リボンネイルには、お好みの柄を重ねてアートしてみるのもおすすめです。

例えば、ベースカラーを塗ったネイルに立体的なリボンをアートし、これにべっ甲柄をアートするデザインはいかがでしょうか。シンプルな立体リボンネイルとはひと味違う、お洒落度高めなデザインを楽しめます!リボンにアートした柄と同じデザインをアートしたネイルを組み合わせるのも素敵ですよ♪

アニマル柄やドット柄、ストライプ柄、といった感じで大好きな柄をアートすると、指先を見ているだけでウキウキな気分になれそうですよね。
coconail

coconail

爪先に立体リボンをアートしたデザイン

JULIET

JULIET

立体リボンネイルは、爪先にリボンをアートして作るのも素敵です。ベースアートをしたネイルの爪先に立体的なリボンをアートすれば、まるでリボンをラッピングしたかのような、可愛いデザインに仕上げられますよ♪

ベースデザインは、お好みの色でシンプルにカラーリングするだけでもいいですし、ツイード柄やボーダー柄、フラワー柄というように、お好みの柄をアートしてもいいでしょう。寒い季節は、ブランケットネイルやモヘアネイルをベースデザインにするのもいいですよね♪



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

この記事に関連するキーワード

RELATED ARTICLES

ダウンロード無料

ネイルMAXをアプリでもっと手軽に!

一般の方からネイル業界関係者の方まで広く楽しんでいただける
ネイルアートファッション誌「NAIL MAX」の定期購読用アプリです!

CATEGORY